サブイメージ

所信表明

 YEGには、「YEG宣言」「綱領」「指針」があります。これらはいずれも我々が目指すべき共通の理念です。これらをしっかりと胸に刻み、個々の会員企業の発展、そして地域の経済的発展に貢献していくことが我々の使命であります。そのためには、諸先輩方が築き上げてきた伝統を引き継ぎながらも、変化し成長し続けることのできる組織であるよう、昨年度に引き続き宇部商工会議所青年部の会長として青年部事業に取り組んでいく所存でございます。

 令和3年度も再度「『つなぐ』~仲間とともに~」を活動スローガンに掲げます。新たな生活様式に準じた形で青年部事業を行うためにも、大切な人との繋がりを絶やしてはならないと考え、5つの基本方針の下、人の繋がりが生み出す相乗効果を以ってこの局面を乗り越えたいと存じます。

 基本方針の一つ目は「意志をつなぐ」です。すべての会員は、それぞれの意志・目的を持ってYEGに入会しています。会員が得るメリットはそこに結び付くものでなければなりません。そのために、ただYEG会員として時間を過ごすのではなく、それぞれが目標を掲げ活動する必要があります。多様化が進む上に大きな変化を求められた現代においては、会員の初心ともいえる最初の志を意識して行動することが、変化に対応する基軸であると考えます。

 二つ目は「知恵をつなぐ」です。宇部YEG会員は、多種多様なスキル・経験を持っております。これらは、知恵として会員の財産となっており、団体行動の最大の長所は、一人一人の知恵を結び付けてより質の高い活動ができることです。会員の知恵を引き出し結び付ける、仲間の知恵に触れることで学ぶ、このようなYEG活動を素地として事業を行っていきます。

 三つ目は「商いをつなぐ」です。YEGは会員の成長を通じて自社企業の発展、地域経済の発展を目指す団体です。会員同士のビジネス交流も積極的に取り組む事で、色々な視点でのビジネス交流を促進していきます。

 四つ目は「絆をつなぐ」です。我々は地域に根差す青年経済人です。親会である宇部商工会議所や当会のOB会、市外県外のYEG、地域の他団体などと協力・連携して活動しております。今年度は、これらの協力・連携を強固なものにして、他団体と関わりによる経験を得たいと考えております。令和3年11月1日に宇部市は市制施行100周年という大きな節目を迎えます。これをきっかけにYEGの綱領及び指針に沿った、先導者としての責任を自覚し、与えられることを待つのではなく、自らの個性や価値を出し合い融合させることで、宇部市を市外へと発信し、宇部市の認知度向上を図れる記念事業にも取り組んでいきます。

 五つ目は「未来へつなぐ」です。宇部YEGは創立36年の歴史を持ちます。発足以降、諸先輩方がYEG会員を絶やすことなく組織を維持した賜物であると感じております。そして、我々は先輩から受け継いだこの組織を次の世代に引き継ぐ責務があります。組織を維持するためには、新規入会者を獲得しなければなりません。また、それと同時に宇部YEGの魅力も磨いていかなければなりません。今年度は現会員数の1割を超える人数の方が卒会します。このことから、例年以上に会員拡大に力を入れて後進を育成し、宇部YEGの組織強化に積極的に取り組んでいきます。

 結びになりますが、私たちは青年の名を持つ団体です。現在、コロナ禍で商慣行や生活様式の様々な変化を強いられています。地域を支える青年経済人として研鑽に努め、会全体のモチベーションを高めていき、同じ時代、同じ地域に集まった「仲間とともに」会員一同、気持ちも新たに精進してまいりますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。


会長挨拶


基本方針

  1. 「意志をつなぐ」会員一人一人がYEG入会時の原点に回帰しながら活動する。
  2. 「知恵をつなぐ」会員の知恵やスキルを核とした事業を行い、相互に学び高め合う。
  3. 「商いをつなぐ」会員間のビジネス交流を促し、自社企業の成長と発展に寄与する。
  4. 「絆をつなぐ」親会、OB会、他YEG、地域他団体と協力・連携関係を強固にする。
  5. 「未来へつなぐ」会員拡大と後進の育成に努め、組織を強化する。

YEG宣言

私はYEGとして、夢に挑む。

私たちはYEGとして、地域を愛し、日本(にっぽん)を愛する。

すべてのYEGは、連帯の証となる。


YEGとは?

商工会議所青年部の英語名
=Young Entrepreneurs Group の頭文字をとったものですが、
同時に商工会議所青年部の持つコンセプト
若さ、情熱、広い視野をもった経営者
=Young Energy Generalist を表わしています。


綱 領

商工会議所青年部は
地域社会の健全な発展を図る商工会議所活動
の一翼を担い
次代への先導者としての責任を自覚し
地域の経済的発展の支えとなり
新しい文化的創造をもって
豊かで住み良い郷土づくりに貢献する


指 針

われわれ青年部は

一、地域を支える青年経済人として 先導者たる気概で研鑽に努めよう
、国際社会の一員であるべき 国際人としての教養を高めよう
、豊かな郷土を築くために 創意と工夫 勇気と情熱を傾けよう
一、文化を伝承しつつ 新しい文化の創造に向かって歩を進めよう
一、行動こそ次代を先駆けるべき青年の責務と信じ 力を合わせ
  国の礎となろう